本文へスキップ

スケジュールschedule

2018年度 上半期定例会ご案内

日時 内容  講師 場所
4月22日
13時45分
総会時講演
「大学での具体的支援の実際」
松久眞実先生
プール学院大学准教授
ラポールひらかた
5月10日
19時〜21時
事例検討会
「美術高校での具体的支援」 
安原昭博ドクター
安原こどもクリニック院長
伊丹昌一先生 
梅花女子大学教授
安原こども教育研究所 
5月13日
10時〜
役員会    枚方サンプラザ生涯学習センター第二集会所
6月24日
9時30分〜11時30分
相談会
相談会終了後、交流会
伊丹昌一先生
梅花女子大学教授 
ラポールひらかた
 7月12日
19時〜21時
 事例検討会
「負荷がかかりすぎないように学習指導するには?」
伊丹昌一先生 
梅花女子大学教授
安原こども教育研究所 
7月15日
13時半〜16時頃
定例会講演
「犯罪被害からこどもを守る(仮題)
辻川圭乃(たまの)弁護士
大阪弁護士会所属
辻川法律事務所 
ラポールひらかた
9月23日
9時30分
相談会 
相談会終了後、交流会
伊丹昌一先生
梅花女子大学教授
 ラポールひらかた
日時未定  定例会講演
「投薬の効果と投薬の必要(仮題)」等
安原昭博ドクター
安原こどもクリニック
ラポールひらかた
奇数月木曜日  事例検討会 伊丹昌一先生
梅花女子大学教授 
YCCこども教育研究所

安原Dr.には、10月以降の定例会で「投薬の効果と投薬の必要」や、「感情のコントロールが弱い理由を脳機能の面から理解する」当をお願いしたいと思っています。
ADHDのお薬も、今は5種類(漢方含む)あり、昨年新しく出たお薬の効果についても、新鮮な情報も聞きます。
また、多面的に物事を見られにくいために、感情に翻弄される特性があると、青年期にも支援の手を抜けません。
でも、マイナスばかりではないし、驚くのうな成長をしている子達もたくさんいます。
Dr.には、豊富な臨床経験からそんな子達のお話も交えてお話して欲しいと思います。
その他、貴重な講座などの情報が入りましたら、随時、メーリングリストでお伝えしていきます。

※会場は基本ラポールひらかたを予定しており、事例検討会についてはYCC子ども教育研究所をお借りして行う予定ですが、ご参加の場合は日時を含め直近のご案内を必ずご確認くださいますようお願いいたします。

※申し込みは遠足メールでお願いいたします。(メールの手段がない方のみハガキ可)
件名「○月○日講座申込」とし、氏名、電話番号、支部名または非会員(有料の場合有り)であることを入力またはご記入の上お申込み下さい。





大阪ADHDを考える会 
のびのびキッズ

〒572-0085
大阪府寝屋川市
香里新町22-3-106