本文へスキップ

 

大阪ADHDを考える会 のびのびキッズ

のびのびキッズは、
配慮のいる個性豊かな子どもたちの支援を広める会です。

配慮の必要な個性とは?
ADHD・LD・自閉症スペクトラム障がいなどの発達障がいのことです。


7月事例検討会news

テーマ:負荷がかかりすぎないように学習指導するには?つみあがり
対象児童:小学2年男子
日時:2018年7月12日 午後7時〜9時頃まで
会場:安原こどもクリニックYCC
コメンテーター:伊丹昌一先生
参加費:会員500円・非会員1000円
申込:不要

知的機能が平均より低く、でも基本的な読み書き計算ができると、つい頑張らせてしまいがちです。
子どもも期待に応えよう、良い結果を出したい気持ちが強いと指導の成果もよく出ることが多いと思います。
しかし、それも低学年の頃は良くても学年が上がり抽象的な課題が多くなると、思うような成果が出ず、不安感が積みあがりやすくなります。
親にとって、どこまで頑張らせたら良いのか、迷いも大きくなります。
個別の事例を通してこの普通の子育て課題ともいえる事を考えていきたいと思います。

講座案内news

テーマ:犯罪被害及び加害者になった時注意しておきたいこと
講師:辻川圭乃弁護士
日時:2018年7月15日 午後1時半〜4時頃まで
会場:ラポールひらかた
参加費:会員無料・非会員1000円
主催団体:のびのびキッズ
申込:コチラから
件名:7月15日講座申込
  :氏名・支部名(会員・非会員)電話番号・メールアドレス
定員の関係でお断りするときだけ返信させていただいております。
発達障害や知的障害がある子が成人になり、想定外の犯罪に巻き込まれたり、起こしてしまったとき、親は非常に慌てますし動揺します。
そんな時に冷静になって対応できるための法律的な知識やわがことの向き合い方を学びたいと思います。
後で後悔しないために、我が子を守るとはどういうことなのかなど、それぞれが向き合う課題は違うと思います。

大阪ADHDを考える会 
のびのびキッズ

〒572-0085
大阪府寝屋川市
香里新町22-3-106





スマートフォン版