本文へスキップ

当会について

「大阪ADHDを考える会のびのびキッズ」は、配慮のいる、個性豊かな子ども達の支援を広める会です。 
2000年5月に、当時、関西医科大付属香里病院小児科部長だった安原昭博医師の呼びかけで作られました。

会員は、ADHD、ASD、LDなどの診断名を持つお子さんをお持ちの保護者、発達障がいの子どもたちの教育や療育に関わっておられる方々、医療関係の方々、および活動にご賛同や応援をしてくださる方々です。


現在、発達障がいに関する情報は溢れかえり、支援制度は整い、福祉制度を活用した療育機関を活用する方も随分増えました。
それでも、発達障がい特性や、個々に応じた適切な環境調整や対応が充分なわけではありません。

当会では、開設当初から、個々の子どもの特性を見極め、その子らしく幸せに生きられるように、医療、教育、家庭の連携を大切に活動しています。
 

会開設当時、配慮が必要な個性豊かな子どもだった方の多くが、今や社会人として多方面で活躍しています。
まだまだ独り立ちは難しくても、確実に成長している子も多いです。

のびのびキッズには、いつのまにか子育ての知恵が蓄積されています。ひょっとしたら、あなたの力になれるかもしれません。


* 活動内容 *

@ 定例会 (年5〜6回)
講演会、相談会

A 事例検討会 (隔月開催)

主に支援者を対象とした、事例に基づく学習会

B その他の活動

会報(年2回)

ホームページ他SNS

会員交流会(年2〜3回)

C 会費 (事業年度は4月〜3月)

入会金 1000円  

年会費 5000円 (10月以降の入会は2500円)

※ 活動内容により別途費用のかかる場合あり

















当会について - 大阪ADHDを考える会 のびのびキッズ